日本のパチンコ産業を改めて探るt

読者の皆さんの中にはパチンコが趣味という方も多くいらっしゃると思います。今回の記事はそういったベテランの方向きという訳ではなく、パチンコは知っているけれど、実際どういったものなのだろうかと思う方に向けて、社会的視点で探っていくものにしていきたいと思います。それでは早速皆様も一緒に考えていくことにいたしましょう。 

写真:Unsplash

写真:Unsplash

パチンコの歴史

パチンコはいつどのように興ったのか – そもそもパチンコの歴史はいつ始まったのでしょう。今や競馬、麻雀、競艇などと並んで立派な日本特有のギャンブルの一つとして確たる地位と知名度を誇る日常的な趣味とも言えます。その起源は1925年の大阪にあった現在のパチンコに似たゲームだとするものもあり、または欧米から入ってきたウォールマシンが日本に広まったことにあるという説もあります。1930年には認可を受けたパチンコ店が日本で初めて誕生したと言います。戦時中は不要不急なものとして営業が許可されなかったそうですが、その後の高度成長期を経た今は日本の誰もが知る娯楽の一種にまでなりました。 

世界でもユニークな日本のパチンコ文化

世界的に見ても日本のようにパチンコ屋さん独特の音であったり雰囲気を出しているようなところはほぼありません。欧米でギャンブルを楽しめるカジノと言えば、リゾート施設などと併設されているところが多く、日本のパチンコのような庶民的な雰囲気は日本独特の文化と言っても良いでしょう。

パチンコの現在地

100年近く日本人に親しまれてきたパチンコも時代の変化と共にプレイ人口が減少の一途をたどっています。また近年のオンラインサービスの広がりにより、自宅でも楽しめるオンラインカジノも盛んに行われています。イギリスの大手のウィリアムヒルには日本語での案内もあるので、安心してプレーすることが出来ます。まずは各ゲームの 基本的なルールなどを勉強して、今後も娯楽の一つとして色々なギャンブルを楽しんでいただければと思います。

ここまで「パチンコ」という娯楽を楽しむ人間の視点ではなく、社会的な目で見てみた議論を展開しました。いかがでしたでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です